記事一覧

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

海と牧童(2)

海と牧童(2)

 
 ある日、少年は牧舎を出ると「中の泉」と
呼ばれる小さな泉に向かった。

 広い牧場には他にも4つの泉があって、いつ
も羊たちが群れていたが、この中の泉にはあ
まり集まらなかった。

 何故かと言うと、この泉の周辺には羊たち
の足を傷つけやすい瓦礫が随分転がっており、
あっちこっちに茨の小さな茂みがあったから。

 牧童の今日の仕事は、この瓦礫を取除いた
り、茨を刈込んだりすることだった。

 泉に着いて、今にも仕事を始めようとした
時、少年の前に現れたのは一匹の牝羊だった。

 「海の好きな牧童さん、私の住み家を荒ら
さないで」

 「君は、始めて見るけど……」 「私は、
この牧場のずっと北の方にある別の牧場から
三日前に着いたの」

 牝羊は首に木の実でつくった赤い首飾り
を巻いている。

 少年は聞いた。

 「それにしても、僕が海を好きだってどう
してわかるの……ここが君の住み家だって。
何故だろう」

 「あなたの心の中に海が見えるからよ。こ
の泉が茨に囲まれているから……」

 「でも僕は君にひとことも海の話なんかし
てないし、どうしてなんだろう……」

 「茨に囲まれているからここが好きなの」

 「何故?」

  牝羊は何も答えず、悪戯っぽく笑うと、
向うへ駆けて行ってしまった。

 「とにかくここを、荒らさないで」

 その夜、少年はいつものように牧舎で一匹
一匹の羊たちを思い浮かべてはそれぞれの羊
たちに心の中で優しい言葉をかけた。

 しかし、最後になってあの赤い首飾の牝羊
を思い浮かべると、ふと心の中に波紋のよう
なものが広がっていった。

 それは次第に大きくなっていき、やがて様
々な疑問の渦となって彼を浸した。

 (何故、あの牝羊に、海について何も話し
てないのに、僕が海を好きだって分ったのだ
ろう)

 (何故、茨のある泉が彼女の住み家なのだ
ろう)

 翌朝、少年は再び中の泉にやってきた。

 牝羊は泉の辺りで水面を見つめていたが、
すぐに彼のそばにやって来ると口を開いた。

 「昨日のナゾの答えを聞きに来たのね」

 その言葉は新たな驚きを少年の心の中に呼
び起こしそうであった。

 しかしすぐに牝羊は言葉を続けたのである。

 「最初に、何故、茨が私の住み家かを話ま
しょう。私の経験によれば、茨の茂みの中に
は、美しい泉が湧くの。

 そしてそのような泉の辺りには深い色合い
のきれいな花が咲く、あるいは純白の花が。

 そうしたきれいな花を求めて、わたしは旅
をしているのです。

 ほら、ここにも真白い花。
 
 この花は私の知る限りでは、およそ茨のあ
る泉にしか咲かない。

 何故でしょう。

 この花が知っているからでしょうか、茨の
中なら人も羊も踏込まないのを。

 それも一つの答えだわ。

 でも、美しいものが開花するためには、茨
のトゲのように鋭くて他のものを傷つけてし
まう、そのような何かに包まれる必要がある
のよ。

 さて、もうひとつの問に対する答えも、こ
の茨のトゲの中に隠されているわ。

 そしてこの花の中に。

 いま、あなたにはこの美しい純白の花の心
が分らない。
 
 それではこの茨のトゲであなたの右手を傷
つけた後、この花びらに触れてごらんなさい」

 そう言われて少年は右手の薬指を茨で傷つ
けたあと、そっと花びらに触れてみた。
 指先から流れ出た赤い血液が純白の花びら
に滲んでいくのを見ながら、少年はある瞬間
にはっとした。

 花びらに血が滲みていくに従って、彼には
その花の哀願するような悲しみが感じられた
のである。

 「ほら、あなたは感じることができたでし
ょう、花の悲しみを。

 それはこの茨のトゲのおかげなのです。

 これまで、あなたは海のコトバでしか物事
を理解できなかった。

 自分が海だと思うから、この牧場で優しく
していられた。

 羊たちへのあなたの優しさは、海の優しさ
だった。

 けれどもあなたは花の心を感じられない。

 あなたの海には花が咲かない。

 何故ならあなたの優しい海には茨もトゲも
ないからなの」

 少年には、本当を言うと牝羊の言うことが
よく理解できなかった。

 美しい花を求めるために、何故茨の茂みを
探さなければならないのだろう。

 でも僕は今日、花の心を感じることができ
た。

 それが海の何に関することかを通さずに、
花の心を感ずる事が出来たのだ。

 それはいいことなのだろうか、それとも悪
い事なのだろうか、僕の牧場にとって。

 ともあれ、この日から少年の心には、かつ
てのあの遠い憧れの海と同じように、常に彼
の心の世界に現れ、彼の心を満たし、またか
き乱す何物かが生まれたのである。

 それはあの赤い首飾りの牝羊であった。

 彼の心が持ったのは「感情」というもので
あった。
 
 あの牝羊の不可解さに想いを馳せる時、彼
はいつも捉え難い心のはやりを覚えるのだ。

 ある夜、彼はいつものように一匹一匹の羊
たちのことを思い浮かべながら心の中で彼ら
に話しかけていた。

 そうしたいつもの儀式が途中まで来たとき、
彼は突然喜びのまなざしと共に起き上がって
叫んだ。

 「そうだ、もう、昼も夜も、一匹一匹の羊
とコトバを交わしたりする必要はないのだ。

 今夜、たった今、僕は彼らとコトバを通じ
なくても彼らの考えていることや、彼らが幸
せか不幸せかわかる」

 「何故、僕はコトバなど信じたのだろう。

僕はコトバなど使わないで、羊たちの優しい
心の動きを感じることが出来るのだ」

 嬉しさのあまり、彼は表に飛び出して歌い
始めた。

 そして急いであの中の泉へと向かったので
ある。

 この喜びを少しでも早くあの牝羊に伝えた
い。

 茨をかき分けて少年は泉のほとりに来た。

 牝羊はもうすでに牧草に身を横たえて休ん
でいるようで、寝顔には安らぎがあり、寝息
が泉の水面を優しく漂っているかのようだっ
た。

 少年は牝羊を起こす気にはならなかった。
そして彼女を見つめていると、自分の心も安
らぎに満されて行くのを感じた。

 その時、牝羊の寝息をたてるその表情が、
ふと曇ったように思えた。

彼女は夢を見ているのであろうか。

だとすれば、それはどんな夢だろう。

 少年はふと好奇心を持った。

 そしてそっと手を伸ばすと牝羊のまぶたを
指先でそっと触ってみた。

 彼女の夢に触れるかもしれない。

 その時 「なにをするの!」 目覚めた牝
羊は、拒絶に溢れた厳しいまなざしで彼を見
つめた。

 「わたしの夢を覗こうとするなんて許せな
い、出ていって、すぐに。

 このわたしの泉の世界から出ていって」 
そのあまりにもすさまじい、敵にでも対する
ような牝羊の恐いまなざしは少年を脅かした。

 少年は急いで走って中の泉を立ち去ると牧
舎に向かった。

 けれども、途中で、彼はついに驚きと悲し
みに絶えきれずに地の上にくずおれてしまっ
た。


 それから3日ばかり、少年は中の泉に近づ
けなかった。

 あの牝羊のことを思うと、彼の心の中に、
果実にも似た悲しみと切ない甘さが一杯に満
ちてくる。

 (あんな恐ろしいまなざしをしたからには、
彼女はもう僕の心を決定的に拒否したのだろ
うか、僕が彼女の夢を覗こうとしたことは、
そんなに悪いことだったのだろうか) 

 少年がそうやって心を痛めている時、西の
泉の子羊が一匹やって来た。

 「やあこんにちわ、牧童さん、なんだか元
気がありませんね」

 「そんなことはない、元気だよ。ただここ
のところ、ちょっと気分が悪いんだ。

 なにもう平気だよ。

 ああ、それはそうと中の泉の牝羊さんはど
うしてるか知らないか」

 「ああ、あの赤い首飾りの牝羊さんなら、
東の泉の子羊さんたちと一緒に遊んでいます
よ」

 少年はちょっと意外に思った。

 そして寂しい気もした。

 でも、ともかく彼女の方は元気なのだ。

 よし、僕も行って一緒に遊ぼう。

 東の泉のほとりには暖かい日差しが満ち溢
れていた。

 牝羊はそこで、他の羊たちと一緒に楽しげ
に歌っていたのである。

 少年はその集まりに自分も入ろうとして一
瞬はっとした。

 そこで歌われているのは、少年が聞いたこ
とのない羊だけの歌だったのである。

 しかたなく少年は集いを少し離れた所で、
牧草の上にあおむけになって、聞こえてくる
歌をじっと受け止めていた。

 しかし少年はもちろん羊たちだけのコトバ
は分からないけれど、彼等の歌の意味が感じ
られた。

 コトバを介さなくても花の心が感じられた
ように、である。

 少年はそのことに深く満足した。

そしてそれが誰あろうあの牝羊のおかげだと
思い、そのことでは彼女に心から感謝しなけ
ればと思った。

 その時、牝羊が彼の側に来て顔をのぞき込
んだ。

 少年は言った。

 「牝羊さん、みんなの中に入れなくて僕が
しょぼくれているとでも思ったかい。

 あなたのおかげで、羊たちだけのコトバは
わからないけれど、あなたたちの歌が感じら
れるんだよ」

 牝羊はそれを聞くと、にっこり微笑んだの
である。

 彼女も、少年のその言葉が本当にうれしか
ったに違いない。

 牝羊のその微笑みを見て、少年の胸に熱い
ものが込み上げてきた。

 しかしこの時、少年は大事なことを忘れて
しまっていた。

 すなわち数日前、同じその瞳の中の、夢を
覗こうとしたばかりに、彼があの狂おしいば
かりの悲しさの中に突き落されたのだという
ことを。

 ともあれこの東の泉で牝羊は「夢」の話を
きり出した。

 「茨の泉にはきれいな花が咲く。でも本当
の事を言うならば、わたしの目的は夢なので
す。

 夜のとばりが泉をおおう頃、茨は闇の中に
その無数のトゲを隠すかに見える。

 でも、月の光がうっすらとでも牧場に影を
落す時、茨たちは見せずにはおられないでし
ょう。

 彼女等の持つ鋭いトゲたちが、その突端を
夜露に濡らして、あやしいきらめきと共に小
動物たちを狙うのを。

 そのような茨の茂みに囲まれているからこ
そ私の夢は美しい。

 昼間あなたが海のようにと喩えて見る牧場
の優しさは、それは風景としては虚妄のもの
なのです。

 あなたには茨は邪魔でしょう。

 でも夜になって夢見る時、わたしには牧場
こそ邪魔なのです……」

 少年には、牝羊の言うことは、よく解らな
かった。

 だからこの日の夜にも、彼の脳裏に浮かん
だのは、彼の気持ちが牝羊にわかってもらえ
たこと、そして牝羊も少年の気持を拒絶して
いるわけではないのだという、それだけだっ
た。

 そして少年が考えるのは、明日からはあの
牝羊と一緒に仕事をしようということだった。

牧場にあるいくつかの泉を彼女と一緒に訪ね
歩き、羊たちと共に楽しく過ごそう。

 彼女と共に牧場を完成させるという事は、
何とすてきなことだろう。

 こうして牝羊と出会って以来彼はあまり海
のことを想わなくなっていた。

 今やどのような海よりも、あの赤い首飾り
の牝羊の方が大切な存在であるかのようだっ
た。

 しかし、この牧場の安らかさと、そしてあ
の牝羊の優しささえあれば、彼はもう二度と
海を想ったりしないであろうか。


スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿

非公開コメント

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。