FC2ブログ

記事一覧

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

海と牧童(1)


海と牧童(1)


 春先の風は時に強く剃刀の薄刃のように少
年の頬を撫でつけていく。産毛が陽光にきら
めく柔らかい皮膚は、その度ごとに鋭く傷つ
けられているかのようだ。

 少年の、透き通るように白い、両手の細か
い指が、横笛をそのなめらかな唇に寄せてい
る。
 流れる曲は悲しい憧れにも似た、細やかな
さざなみのようである。

(なんてきれいな少年でしょう)最初、牧場
にやって来た彼を見て、羊たちは皆、目を細
めたものだった。
 と同時に、少年の横顔や肩の線にほの暗い
心の陰りを見て、気持ちの中に舞い落ちる松
葉の優しさを覚えるのであった。

 少年は、当惑したような表情とともにこの
牧場での日々を向かえたが、やがてここで果
たすべき自分の仕事がなんであるかを知った。
彼はこの広い牧場を歩きながら羊たちの一匹
一匹に語りかけることから始めた。

 しかし最初のうちはそれはなかなかうまく
いかなかった。

 ひとつは少年が羊たちの言葉に慣れていな
かったからであり、ひとつは羊たちに話しか
けるとき照れでつい表情がぎこちなくなるか
らである。

 それでも少年は羊たちが傷ついていたなら
ば、薬草でその傷口を癒したし、不幸に出会
っているならば、その心の悲しさを聞いてや
った。

 そうしてやがてこの牧場で見かけた楽しい
話を聞かせてあげたり、明るい歌を口ずさん
だりして暖かい日差しの時を過ごしたのであ
る。

 当初の日々を経て、この牧場の全部の羊た
ちを覚えてしまった頃から、少年は彼に特徴
的な自分自身の行事を持ったのである。
 すなわちそれは、夜になって寝る前に牧舎
の中で一匹ずつの羊を思い起こして次のよう
にコトバでそれぞれの羊たちをなぞっていく
である。

(西の泉のほとりで、いつも水辺を見みつめ
ている可愛い子羊、おまえは妖精を見たいと
願っている。
 妖精なんていったいどこにいるのだろう。
 でもおまえのそのあこがれは、僕の海への
希求によく似ている。
 泉を見つめているから、おまえは僕の友達さ)     

(南のポプラの大樹の下で、いつも昼寝をし
ている大きな羊、おまえは僕が通りかかると
薄ぼんやりした小さな目を開いてこちらを見
ようとする。
 視線が合ったなと思った途端、すでにおま
えの目は閉じられていて、再び眠りに落ちて
いるのだ)少年はこうして、その日出会った
全部の羊に心の中で優しく語りかけると、や
がて深い満足とともに眠りにつくのである。


これは彼の夜ごとの習慣となったが、こうし
た儀式を持つことが、自分のどのような性癖
からきているのかは、彼自身にもよくわかっ
ていなかったのである。

 羊たちは、最初はその容貌の美しさと心の
暗さを認め、また一方では近づき難い気持ち
の隔たりを感じていた。

 しかし、彼が悪い人間ではないということ、
だから自分達を決して傷つけたりすることが
ないことは彼等にもすぐわかった。
 
 そればかりか茨を踏みつけたけがの治療を
してもらったり、仲間にいじめられてしょげ
ているときに励ましてもらったりしているう
ちに、次第にこの牧場のどんな場所より彼の
近くが一番安全であり安心出来るのだという
ことを知った。

 にもかかわらず、羊たちはこの少年のこと
で時々ひそかに心を痛めた。
 なぜなら羊たちはしばしば、この牧場のひ
と隅にたった一人でいる少年の姿を認めたか
らである。

 そんな時、彼は寂しげに肩を落として、悲
しい笛の音を小さく永くいつまでも奏で続け
ているのである。

 今日の少年がそうであった。
 昼寝から覚めた一匹の子羊は、茨の茂みの
片隅にある木の切り株に腰掛けている彼をみ
つけたのである。
 少年は澄んだ悲しげな瞳で遠くを見つめて
いた。
 そしてその唇に寄せられた横笛は、細やか
なすすり泣きのようであった。

 それを聞いて、子羊はとても驚いたのであ
る。

 そして思わず少年の側に駆け寄ろうとして、
危うく茂みに飛び込むところであった。
 立ち止まって、再び少年を見て、なにか声
をかけようとしたのであるが、子羊にはそれ
が出来なかった。

 それほどに悲しげな牧童の世界が、そこに
はあったのである。

 少年の瞳は、この時なにを見つめていたの
であろうか。

 彼の心は海に望んでいたのである。

 この牧場にたどり着くまで、彼はいつも海
を夢見ていた。

 少年は「船乗り」になりたかったのである。
しかしいつも心の中で海を求めながら、彼は
決して現実の海にたどり着くことがなかった。

 実際、この牧場にたどり着くまでに、彼は
様々な海を見て歩いた。

 ある時は、砂丘の彼方に広がる遥かな海を
見た。
 
 それは絵のように遥々としており果てしな
く壮大で静かだった。

 またある時は岸壁から望む雄々しい海を見た。

 空を暗く閉ざして打ちつける波は船や岸壁の
家々を巻き込み、見る者を怒りのただ中に引
きずり込んだ。

 しかしどちらの海も、彼を満足させること
はなかった。
そのような海に出会えば、最初は強く感動す
るが、しかしすぐに彼の心の中でこう叫ぶも
のがあるのだ。

 (ちがう、これは僕の求める海ではない) 

 その実、どのような海も、彼の瞳に映る時
には、その現実の姿を変えているのである。

すなわち、どのような広大な眺望を誇る海を
見る時にも、彼の目はただひとうねりの波涛
を捉えるか、それとも現実のそれとは別の彼
自身の心の海を対象に投影しているかのどち
らかである。

 すなわち彼の心は海を求めながらも、決し
てそれを現実の海と重ねてひとつにすること
が出来ないのであった。

 しかし、それでもひとつだけ彼を満足させ
た海があった。

 それは南の国の、小さな半島と半島に囲ま
れた煤けた工場街の、汚れた港の海である。

 その港には幾艘かの船が停泊していた。

 その内のひとつ、砕石船が、夕焼けに染る
港を出てゆき、半島の彼方に見えなくなるの
を彼の心は追った。

 そして彼は思ったのである。

 (これこそ海だ)

 少年にとって本当の海とは、そこに船が乗
り出して行くような海である。

 この小さな港を出た砕石船はどこに行くの
だろうか。

 ほど遠い半島の港を、それは目指すのであ
ろう。

 だが、もしこれが、もっともっと大きな船
ならどうであろう。

 それは港を一度大海原に乗り出すや否や、
もう陸地を見る日は程遠い。
 やがて遥かな島々や異郷を巡り巡って、そ
してまた何事もなかったかのようにこの港に
帰ってくるのだ。

 海原の真っただ中で海は陸地をなんと小さ
く感じる事だろう。

 船だけが、海の広さを知っているのかもし
れない。

 船乗り達にとっては、海こそすべてだろう。
あらゆる地上の人々が、人生の最中にあって、
喜びや悲しみを味わう時に、また労働やその
後のひと時の楽しみ、あるいは愛し合う者と
共に語らうその時に、彼等は船と共に海に挑
むのだ。

 雄々しい海、静かな海、想いに満ちた海。

 少年は、船乗りになることを夢見た。

 しかし、彼はついに海に出会う事なくこの
牧場にやって来たのである。

 たぶん、彼は海に憧れすぎたのだ。
 
 海や、船乗について、想いを寄せすぎたの
である。
 
 船に乗り、現実のものとして海に出る前に、
彼はそれらに夢を託しすぎた。

 海とは僕にとってこういうものだと、海に
ついて考えるだけで彼は充足したのである。

 そうして彼の心の中で海が広がるたびに、
現実の海は彼から遠ざかった。

 しかしこれは、あるいは仕方のないことで
あったのかもしれない。

 と言うのは、砂丘の海の時にもそうであっ
たように、ここでも彼が見たのは現実の海で
はなかった。

 「海」というのは決して夢見ることの許さ
れる領域ではないのかもしれない。

 憧れというのは全て陸の世界でのみ許され
うることなのかもしれない。

 海への憧れに、最後に彼は疲労してしまっ
た。

 すぐ目の前に海はあるのに、歩けども歩け
どもたどり着けない。

 いわば海のレンズを透かしてしか現実を見
ることが出来なくなっているのに、海の現実
にはついに到達出来ない。

 疲れた体をひきずるようにしてとぼとぼ歩
き、ふと気づいたら着いていたのが、この牧
場であった。

 牧場で羊達の世話をしながら、彼はここに
海を見ようとした。

 海の持つなにかを、ここに求めたのである。
 
 海とは、陸の彼方にあり、陸を包むもので
あった。

(海のように、この牧場を包みたい)と彼は
考えたのである。

 また、羊たちの足に刺さった茨のトゲを抜
いてやる時には(海の優しさ)を夢想した。
そして自分の中にある、すべてのそうした人
間的なものを、彼は海の波のように自分の心
の中に刻んだのである。

 そうした牧場の日々の合間に、ふと気づく
と、彼は海の事を想い、横笛を手にしていた。

 その笛の音も、最初は遠い海鳴りの中に聞
えるあの細い音のみが出せたのであるが、海
の音により近いものをと繰り返す内に、それ
はいつの間にかひとつのメロディーとなって
牧場の一遇を浸していた。

 けれども彼はいつも「海のように」この牧
場を包みたいと想ったのだけれど、やがてい
つの間にか少しずつ、そのかつての海を忘れ
かけていた。

 それは、自分が羊たちにとって必要な存在
であるということが次第に分かってきたから
である。

 今や羊たちは少年の中に優しさを認めてお
り、困ったことがあれば自分から進んで側に
来たし、そうすることをまた少年が欲してい
るのだということに気づいたのである。

 こうして牧場には、牧童と羊たちからなる、
穏やかで平静な世界が成立っていった。


スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿

非公開コメント

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。